fc2ブログ

物価水準について

帰国して、はや一週間、

ようやく日本にいる実感はわいてきましたが、時差ボケなのかなんだかいつも眠いです。。。汗

しかも日本の暑さが一番キツくて、、、少々夏バテ気味ガーン


ひたすら毎日のんびり過ごしていて、、、

やったことといえば、車のバッテリーを復活させて、電気ガスを再開させたくらい汗

あとは飲みにいってるくらいですねショック!


というわけで、一週間過ぎたので、ぼちぼち旅行のあとがきでも書きたいと思います。


今日は、各国の物価水準について。


初日に到着したのはトルコ・イスタンブールだったんですが、

私が10年以上前に行った時とは様変わりですね。

10年以上前はハイパーインフレで、コーラ缶5万トルコリラ(=30円)というとんでもない状況だったことを覚えてますが、その後、経済成長も進み、驚異の100万分の1デノミも敢行したことで、、、


通貨単位も普通になって、物価もコーラ缶80円程度と、そんなに安くはなくなりましたしょぼん


ブラジル・サンパウロは前に述べたように全然高いし、

ペルーもまぁそこまでは安くないし、、、


新興国の経済成長をマザマザと見せつけられましたねガーン


でも、ボリビア・ラパスは安かった!

タクシー街乗り100円しないし、夕飯もまぁ1,000円あれば二人で腹いっぱい!!

まぁ、経済がそこまで拡大してない裏返しなんですけどね。。。


ヨーロッパは、ユーロ安を満喫です!

1年前に比べてユーロが4割も安くなってるだけあって、全体的に安かったですね。

特に、ポルトガル、スペインは割安感が強かったですニコニコ


一方で、ユーロ圏ではないので、スイスは高かったあせる

全体的にどの街も高いんですが、、、

特に、ジュネーブの高さは異常で、特に見るとこもないし、

プライベートで遊びに行くところではないですねむかっ


メキシコは、メキシコシティは安かったけど、

カンクンが、、、高すぎる!!

まぁリゾート地だから仕方ないですけど、全くメキシコではないです。。。


そして、アメリカは、まぁ特段どちらともないですが、

スタバのコーヒー(トールサイズ)が1.79ドルなので、約150円強。

ドル安は享受できましたねチョキ


新興国の経済成長とユーロ・ドル安によって、

物価のイメージは結構違いましたね~。。。


少なくとも、新興国に行く場合は、今までのような物価の安さには期待しない方がいいですよにひひ


割安感という点では、ポルトガルとボリビアがお薦めですビックリマーク

スポンサーサイト



tag : 世界一周ブログ

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
リンク
旅行に便利
ランキングチェック
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
オススメアイテム